頬のニキビ

左右の頬のニキビの原因と治し方

左右の頬のニキビが治らない原因

 

左右の頬にニキビができると、とてもやっかいです。
痛いし、かゆいからです。

 

そんな左右のほっぺのニキビは、簡単には治らない、という特徴があります。
繰り返し起こるので、非常に不快感があるのです。

 

左右の頬のニキビが治らない原因は、どのようなものかというと、
乾燥、汚れ、そしてヒスタミンです。

 

治らない原因1:乾燥

 

真皮層が乾燥すると、水分が蒸発し、肌の中がガサガサになってしまいます。
肌のバリア機能がなくなるので、そこに細菌が侵入することで炎症が起こります。

 

かゆみは、炎症や肌荒れ状態を体に知らせるサインなのです。

 

治らない原因2:汚れ

 

汚れも、左右の頬のニキビが治らない原因になります。
ほこりや細菌、雑菌が肌に侵入すると、それを知らせるため、かゆみが起きます。

 

左右の頬にニキビができると、
細菌や雑菌が侵入しやすい経路が出来てしまいます。

 

肌の状態が悪化しているので、ほこりや細菌、雑菌が肌へ侵入しやすく、
かゆみは、汚れの侵入を伝えるために起こります。

 

治らない原因3:ヒスタミン

 

ヒスタミンというのは、まさしくかゆみ物質のことです。

 

かゆみが起こると血液量が増加し、血管が拡張して、
益々ヒスタミンが増加します。

 

ヒスタミンが増加することで、さらにかゆみが増していくのです。

 

左右の頬のニキビの治し方

 

左右の頬のニキビが治らない原因を解消するには、
肌環境の改善が必須です。

 

左右の頬のニキビの治し方のコツは、
毛穴に詰まった皮脂の炎症を抑え、肌のターンオーバーを促進することです。

 

効果的なのは、薬用成分が配合された専用ケア用品を使用すること。

 

かゆみ肌は、肌の内部環境が悪化している状態なので、
しっかり内部まで栄養が浸透する専用ケア用品が望ましいのです。

 

その際、成分が重要です。

 

左右の頬のニキビの治し方でオススメなのは、
3つの薬用成分を浸透させることです。

 

水溶性プラセンタ、グリチル酸2K、コラーゲンという3つの成分がカギを握ります。

 

これらの成分には、左右の頬のニキビの原因である真皮層のダメージを、
短期間で修復させる力があります。

 

左右の頬は、皮脂やターンオーバーの乱れの影響が出やすい場所なので、
ブツブツ・ポツポツしたデキモノができやすいです。

 

また、ホコリ・雑菌等が毛穴に残りやすい部位なので、
毛穴に詰まった皮脂や雑菌が炎症を起こして吹き出物に発展しやすいのです。

 

左右のほっぺは、乾燥しやすい部位でもあるので、悪化の速度も早いです。

 

そのため、炎症をしっかり抑えて、
毛穴の奥や肌内部まで保湿を心がける必要があります。

 

真皮層の修復には、プラセンタやコラーゲン、グリチル酸2Kなどの
あたらしく皮膚細胞を作りだす成分が不可欠です。